キャッシングと関係が深い法律を紹介

キャッシングというのはお金の貸し借りをする極めてデリケートなサービスです。
そういったサービスだからこそ、場合によっては大きな問題に発展することも珍しくありません。
中には犯罪であることを覚悟して金儲けのためにあくどいキャッシングサービスを行っているような業者もあったりして、油断ならない世界でもあるのです。
そのため、キャッシングを利用するのであれば、キャッシングに関係する法律について知っておくと色々便利です。
法律を知っていれば、契約などでおかしい点を指摘することができますし、危険な業者を見極めるのに役に立つ知識となったりするのです。
さて、肝心の知っておくべき法律ですが、キャッシングと関係の深い法律といえば、何と言っても賃金業規制法43条が該当します。
この法律について簡単に説明すると、債務者の任意があれば利息制限法の上限を超えた金利による融資を受け取ることが可能というものです。
つまり、この法律によると、たとえ法外な金利の悪徳キャッシングであっても、それを承知でお金を借りたのであれば、法律上は犯罪とはならないということです。
もちろんこの法律はキャッシングにも当てはまるものであり、もしも最初から金利が高いことを承知した上でのキャッシングを利用するのであれば、金利が高過ぎるからといって、それは決して犯罪ではないということになるのです。
nayami
こういった法律があるため、キャッシングはもちろんですが、お金を借りる時は最大限に気をつけなければなりません。
ともあれ、この法律はちゃんと金利について納得した上での契約でなければいけないため、金利についてごまかしているような悪徳業者であるなら、十分に犯罪として攻めることも可能です。
このように、法律さえ知っていれば、意外と騙されても抜け道を見出すことができるものなので、キャッシングのような危険性の多いサービスを利用する時は、関係の深い法律について調べておくことをおすすめします。

関連ページ

キャッシングの基本について
キャッシングの基本的な内容についてまとめてみました。
キャッシングのために用意すべきものは
キャッシングをする際に用意するものを色々まとめてみました。
キャッシングの利用法について
キャッシングの利用方法はひとそれぞれですが、有益な使い方を出来るだけしたいものですね。
どのように返済するのか
キャッシングはどのように返済するのかという事を考えてみる。
キャッシングとカードローンはどう違う?
キャッシングとカードローンって同じじゃないの?って思いますよね、ちがうんです。