キャシング審査を更に調査した。

調べれば調べるほど、キャッシングの審査では結論からいうと特別なものは無いという事に行きつきます。
ただ、キャッシング会社は何のためにあるのか?
本質を考えてみてください。

お金を貸して、手数料【利息】を得る

というのが、貸金業者の仕事なんです。
つまり、お金を貸さなければ仕事にならないんですね。
でもですね、私もお金ではないんですけど、物を貸す仕事をしていますが、貸すこと以上に大事なことは貸したものが返ってくる来るという事です。
その為に審査というものがあるんですけど、この審査という基準は基本的に貸金業法で定められているルールに基づくことになるのでどの会社でも変わらない判断になると思います。

ここは私個人の意見なんですけど。
審査ギリギリの人にお金を貸すのは各社でバラツキがあるだろうなと思います。
ややリスキーでも売り上げを上げたいのは各社それそのものが生業だからです。
しかし、難しい基準になると本社決済になるようですね。

女性

審査に落ちる?とは

一番は信用情報機関で管理された個人情報が一番参考されます。
信用情報についてはこちらを参考にされてください。
信用情報開示報告書には氏名・住所・生年月日・勤務先などの個人情報と、現在の借入情報が記録されています。
それによって、個人情報の虚偽もわかると思いますし、借入額についても確実に把握することができます。
返済状況もわかります、きちんと約定日に返済しているかもね。

 

借入額がわかれば総量規制に引っ掛かるかがわかります。
年収の1/3以上の借入は出来ないからです。

 

あと自分の社会的な属性も審査の基準になるといわれています。
サラリーマン・主婦・パート・会社経営者などの事です。
基本的には金額もさることながら、安定した収入があるというのは重要な審査対象になるようです。

 

基本的はこのような内容で審査されて、最後はキャッシング会社の判断になるというわけです。

 

なので、一か所ダメだからと言って全部だめという事にはならない理屈になります。

 

私自信もローンを組むときにある会社は「保証人が必要」という判断でしたが、担当者の熱意?で結果「保証人が不要」になりました。
もちろんキチンと返済しましたよ。
なので、杓子定規に一度だめだから・・・という事もありませんのであきらめないで、いくつかの審査を受けるようにする方がいいと思います。