キャッシングの種類

ひとくちにキャッシングといっても、いくつか種類があります。
まず、ローンとキャッシングって何が違うんでしょうか?
答えは「同じ」「同義語」と考えていいでしょう。
要するにお金を借りるという事です。
しかし、ローンはキャッシングより広い意味合いで使われていると思います。
キャッシングは通常「無担保、保証人不要、使途自由 少額から」という意味が強いです。
その中でキャッシングにも種類があります。

銀行系キャッシング

銀行系カードローンの事で、安心感がある反面、審査などはきっちりしています。
三井住友銀行グループのモビット、三菱UFJフィナンシャルグループのアコム、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどが
銀行系キャッシングと呼ばれます。
ただし、銀行のローンとは別物ですのでご注意ください。
他の金融機関と比べて比較的低金利というのも大きな特徴です。

信販系キャッシング

いわゆる信販会社のキャッシングです。わかりやすく言うと「クレジットカード」です。
ニコスやオリコなどがわかりやすいかもしれません。
クレジットカードにはキャッシングのほかに商品をカードで買うクレジット機能も含まれる場合があります。
銀行系に比べると金利が高い場合がありますが、手軽さが特徴です。

消費者金融系キャッシング

対象は個人相手が主で、短期間の審査を売りにしています。
少額から利用できるのも特徴です。
2010年の貸金業法の改正以降は金利も制限されていますが、以前はかなり高利である場合が多かったのも事実です。
今でも、審査の甘さを理由にしてあまり内容の良くない金融業者もいるようですので、気をつけたいところです。